注意したい精神病の特徴

相談

精神病の一番の注意点

双極性障害の症状としては、まるで自分の中に人格が二つかそれ以上存在しているような状態になってしまい、自信を大きく失ってしまう事です。双極性障害の症状として一番恐ろしいパターンは、人生破綻です。これは周囲から敬遠される事によって自分の性格があたかも歪んでいるように感じてしまい、まるで「自分はおかしいのではないか」と感じてしまう事で自分に自信を失ってしまう事が原因として起こります。こうした弱い自分を隠すため、今度は必死にハイの状態で自分を大きく見せようと工夫したり、仕事ができるように見せたりして他人から認められる自分を無理して見せようとしてしまうのです。ただ、これはリスクを伴っており例えばハイの時に借金を多く借り過ぎてしまい、支払いは自分で返済することができないため家族に任せるなど、一見すると無計画とも思える行動を繰り返してしまいます。これは双極性障害特有の症状でもあると言え、以前は躁鬱病などと呼ばれていた症状にあたります。双極性障害の患者さんの場合は、無理して取り繕おうとするハイの状態と、テンションが下がってしまう鬱の状態とが繰り返されてどんどん自信がなくなっていってしまうのです。自分に自信を失うと生きている意味が無いとか、自分に優しく親切にしてもらう事が異常に申し訳なく感じてしまうなどといった感傷的な受け取り方をする事があります。この状態の時に、ハイの時の責任を厳しく追及されたり裁判で敗訴してしまうなどといった状態が続くと、さらに自分を自分で追い詰めてしまいます。他人に迷惑を掛けたことで自分に自信を失い、それによって家族に迷惑や損害を被らせる事で家族を振り回してしまい、責められる事で破綻に追い詰められてしまいます。扱い方を間違えてしまうと怖い病気なのです。

気持ちを理解する事が大切

現在では様々な精神病の症状が医学書などにおいて解説されていますが、多くの精神病の症状に共通する改善の対処方法があります。それは休養を取る事です。休養は全ての精神病に改善の効果があると言われており、健康体の人にとっても休養を取ることで仕事の能率の改善したり、良好なアイデアを思いつきやすくなるといったメリットが多く存在しています。休養を取っていると、人によっては怠けているとか、現実逃避しているといった印象を受ける人も多いかもしれません。しかし上記にもあるように全ての精神病にとって効果があると言われるほど、実際は人間に取って適度な休養は必要です。また休養と併せて、家族や友人などできるだけ信頼関係のある人との繋がりを大切にしておく事が大切です。精神病の専門書では、人間関係による不信感や信頼関係の希薄化によって病気が引き起こされる場合もあるとされているほど、人間関係での信頼は人生において重要な価値観の一つであると言えるでしょう。家族から自分の気持ちがしっかりと理解されながら生活を続けている人と、そうでない人との違いは大きなものがあります。家族との連携が希薄化してしまっていると些細なことで仕事で人間関係のトラブルが生じてしまったり、ついうっかり他人に不快な思いをさせてしまったりしやすくなるとも言われます。こうした目に見えないきっかけが原因として双極性障害も発生してしまうのです。多くは劣等感やコンプレックス、そして自信のなさを隠すために精神病が発生しています。こうした原因をうまく取り除き、人から無神経な言葉や態度で傷付けられてしまった心の傷を癒やす力を持っているのは、それもまた人であるという事を知っておくだけでも精神病の治療に大いに役立てる事ができると言えるでしょう。