気分の波が激しい特徴

診察

うつ病との違い

双極性障害はうつ病と比べて似ているところはありますが、症状の本質に違いがあります。うつ病は悲観的な考えの症状が続くのに対して、双極性障害は悲観的な状態から楽観的な状態へ移り変わることを繰り返します。この状態の差が激しいため、本人ばかりか周りにでさえも違和感を持たれることもあります。双極性障害の原因は詳しくは分かっておらず、日本では100人中1の割合で発症すると言われています。これはうつ病患者の割合から見ると少ないですが、精神疾患の全体から見れば決して珍しいことではありません。このような症状に苦しむ人たちは自分で感情のコントロールをしていくのが困難なため、専門的な治療が救いとなってくれます。この双極性障害は若い人に発症が多く、気分の波が激しいことから気分障害とも言われます。具体的な症状から見ていくと、気分が良い状態では何事も恐れることなく積極的な面が見られ、大きな自信を持つようになります。その状態が強すぎて興奮してしまうことも多く、気分の高揚が続くのです。反対に気分が良くない状態は、常に悪い方向を模索するようになり、自分をどんどん追いつめるようになっていきます。まさにうつ病のような状態になってしまい、いろいろなことが楽しめなくなってしまいます。誰でも気分に変化が出てしまうことはありますが、ただこれがあまりにも激しく繰り返していくようでしたら精神にも疲労が出てしまいます。症状をできるだけ抑えていくには、専門的な治療に頼る方法が最適で、これで自分1人で苦しむようなこともなくなります。

気分の波を抑えていく

双極性障害の治療の目的は症状を抑えていくことにありますが、気分の波をできるだけ差が出ないようにしていくことです。つまり気分の安定を維持していくことを目的とするので、うつ病の治療とは異なってきます。主に双極性障害に使われる薬は気分安定薬などがあり、これで気分の波を目立たせないようにしていきます。これをしばらく続けることで、落ち着きが見られたら薬を徐々に減らしていき慣れさせていくようにします。また、双極性障害は再発の可能性が高い特徴を持つので、そのことも含めて病院とは上手に付き合っていかなければなりません。この投薬以外にも、精神療法が行われることもあります。具体的には双極性障害の症状を正しく理解してもらい、人間関係や社会生活での送り方についても学びます。この精神療法には家族が同伴することも可能で、一緒に学んでいくことで今後の症状に対する見方もだいぶん変わります。このような治療を続けていくことで、気分が良い状態と悪い状態の繰り返しをしても、その差が目立たなくなるためダメージも少なくなります。また、精神療法の効果で、気分が沈んでいてもその状態を理解していくことができるので、自分で抑制させることも無理ではありません。双極性障害はうつ病と間違われやすいことや、見逃されやすいところも多いです。まだまだ認知度が浅いという理由もあるので、気分の波が激しいと感じたときはこれを疑ってみるべきです。そして前向きに治療を受けていくようにすれば、症状も次第に落ち着いてくるようになるでしょう。