うつ病と異なる病気

頭を押さえる男性

うつ病とは違います

双極性障害はうつ病と似ているといわれていたりしますが、実はぜんぜん違うもので世間でよく知られているうつ病とは症状の現れ方が異なってきます。双極性障害は主に躁うつ病とも言われていまして同じうつ病という言葉が含まれていましても同じものではなく、双極性という言葉が名づけられているように気分がやけに高揚する躁の気分と気分が落ち込んでしまう状態が交互に表れてくる気分障害なのです。うつ病は気分の落ち込みや沈む気持ちなどのような意欲が低いかなという気持ちが続いていく症状を言いますが、双極性障害の場合はハイテンションな気持ちとローテンションな気持ちという正反対の状態を繰り返すもので、ときに機嫌がよかったり興奮していたりするかと思えば突然不機嫌となったり憂鬱な気分となったりため息をつく回数が増えたりするなど、気持ちが安定しない状態を見せたりします。100人に1人の割合で発症されていると伝えられており、多くの人がこの病気に悩んでいたりするのです。病院で診てもらうときではうつ病の場合は抗うつ薬などのような薬を処方されることが多くありますが、双極性傷害の場合は精神安定剤や向精神薬が処方されることがあります。請うような気分を抑えるためのものと考えられていまして、ここまで述べる限りでも分かるようにうつ病とは違った病気ということができます。治療法はハイテンションな気持ちとローテンションな気持ちの差を縮めていくように脳のバランスを整えていくような方法で行なわれていきます。

アロマでさらに負担を軽減

うつ病や双極性障害などのような気分障害は、やはり気持ちを落ち着かせることが大事な行ないとなりまして、精神の負担を緩和させられるようにアロマテラピーを利用する人が多くいます。睡眠障害の人もアロマテラピーで睡眠効果を引き出す人もいたりと精神的な効果は出てくるようです。双極性障害の場合はハイテンションな症状やローテンションな症状と交互に現れてきますから、どちらも気分を安定させられるように良い香りを感じて落ち着くことが精神的にも負担を軽くさせられる方法となります。病院で薬を処方してもらい治療を行ないながら、普段の生活習慣の中にアロマセラピーで落ち着きを取り戻すことができるような環境を作っていくことで治りも早くなることがあります。精神負担を軽減させられる効果としてでも香りではラベンダーやオレンジの香りが良いといわれていますが、そのような精神に良い香りといわれる種類に拘ることなく自分の好きな香りを使って利用することが一番良い方法となるかもしれません。一番だめなことは治療中に放置することでして、双極性障害は一時期は気持ちの負担が軽くなることがあるのですが完治しなければ再発する可能性は高く、途中で治療をやめることでまた最初から治療を始めなければならなくなることもあります。医師の診断を行ないながらゆっくりとあせらず治療を行ない、精神の負担を取り除いて病気を治していくようにすることが大事です。アロマセラピーを利用しながらさらに負担を軽くし、大人ならば社会復帰ができるように治療していくことが大切なのです。