注意したい精神病の特徴

相談

双極性障害の患者さんの症状について解説をしています。精神病は目に見えない厄介な症状の病気が多いですが、多くは自分の自信のなさや劣等感などが原因として引き起こされてしまっています。こうした難しい原因に対処するために、個人でもできる簡単な対処方法を紹介しています。

Read More...

気分が大きく揺れ動く

笑顔の女性

躁状態とうつ状態

双極性障害とは、精神疾患のひとつで、躁状態とうつ状態の間で気分が揺れ動く症状を特徴としています。うつ病と症状が似ているところがあり、双極性障害の発症がうつ状態で始まることが多いのですが、異なる疾患です。双極性障害には大きく分けてふたつの症状のタイプがあります。躁状態とうつ状態を繰り返す双極1型障害と、軽度の躁状態とうつ状態を繰り返す双極2型障害です。軽度の躁状態の場合、まわりも本人自身すらそれを躁状態とは思わず、うつ状態のみをとらえて、単純なうつ病であると思い込んでいる場合があります。うつ病と双極性障害は全く異なる病気なので、双極性障害のうつ状態に抗うつ剤はあまり効きません。双極性障害にはそれを治療するための専用の薬を用いなければならず、鑑別診断が重要です。一度でもはっきりとした躁状態があれば、双極1型障害です。双極性障害はこのような特徴があることから、専門医でも診断が困難なことが多いと言われています。特に、うつ病と双極性障害のうつ時期を区別するのが難しいのです。双極性障害と診断するためには躁時期の明確な症状が必要であり、それまではうつ病と診断されていることも稀ではありません。躁状態の症状が出ているときは、開放的で明るくなります。しかし、いらいらして怒りっぽくなることもあります。社会的な問題が出やすいのは躁状態の症状が出ているときです。気分の異常な高揚が続くため、自尊心が肥大し、できそうも無い大きなことを言ったり、壮大な計画をたてて莫大な借金をしたり、性的に放逸になったりすることがあります。とめどなくアイデアがあふれ出し、それらすべてを実現できると思いこむため、常識はずれなほど活発になり、エネルギーに満ち溢れて眠らなくても全く平気であったりします。

治療することによって軽快

うつ状態はうつ病と似ています。エネルギーが枯渇した状態で疲労感が強く、自分を価値がない存在、無能力者であるとみなし、自殺を考えるようになります。睡眠のリズムが乱れて、とめどもなく眠り続けたり、あるいは眠れないという状態になります。双極性障害は自殺に結びつきやすい疾患です。気分がこのように極端から極端へと揺れ動くことがその原因のひとつです。躁状態とうつ状態が周期的に変わり、中には一晩で入れ替わってしまうこともあります。これまで双極性障害は1型と2型と分けられてきましたが、単純に区分が難しい場合もあり、症状を連続的にとらえて双極性スペクトラム障害としてとらえようとする動きもあります。双極性障害の原因はまだはっきりわかっていませんが、遺伝的要因と環境的要因が重なって発症すると考えられています。単一の遺伝子によっておこる病気でないことは、一卵性双生児の発症率が全く同じではないことから明らかです。もし単一の遺伝子が発症させる遺伝病であれば、遺伝子が同一である一卵性双生児は必ず同じ病気になるからです。双極性障害の多くはうつから始まることが多いと言われています。うつ状態を何度か繰り返した後、ある日突然、躁状態の症状が現われるのです。双極性障害で最も自殺の危険が高いのが、このうつ状態から躁状態に転換したときです。躁状態のときの行動を後悔し、自分を責めます。また、躁状態とうつ状態が混じりあってあらわれるときも自殺の危険性が高いと言われています。双極性障害は正しく治療を受ければ寛解が見込まれる疾患です。薬物療法と精神療法を組み合わせた治療をおこないます。症状が改善しても再発する可能性が高く、自己判断で治療を中断することは危険です。

気分の波が激しい特徴

診察

双極性障害はうつ病の悲観的な考えをする点では似ていますが、これから気分が異様に上昇して繰り返す症状には当てはまりません。不安定な気分が特徴となるので、まずはこれを落ちせるためにも治療に頼っていくことが大切です。双極性障害の治療は投薬や精神療法があり、これで気分の差を徐々に縮めていくことができます。

Read More...

うつ病と異なる病気

頭を押さえる男性

双極性障害はうつ病と混同されて考えられたりしますが実はまったく違う病気でして、その症状も同じものではないものとされます。消極性障害の場合はハイテンションとローテンションな気持ちが交互に現れ、それが繰り返しでてくる病気なのです。

Read More...